お引っ越し

ここ最近、オフィスはちょっと大人しい。
Benediktが数日休暇を取り、Meikeはハノーファー大学の仕事、そのためStefanとマティアスがメインで動いている。

それでも、いつものムードは一定。
誰かの独り言やクシャミが始まると、必ず誰かがそれに突っ込みを入れ、最後のオチにみんなが爆笑or評価を下す。

メインの二人がやっきになって仕切るのは、エスプレッソ・マシーン。
どっちもガタイがよく、足音がものすごいデカイ!
早歩きでキッチンのほうに先を争って向かう二人、爆笑するみんな。
煎れ方にもうるさい二人はマシーンのマニュアルモードを駆使し、自分のコーヒーが一番であることを証明したいらしい。

ものすっごい真面目なのに、即コメディアンに切り替わるところがドイツ人ね。

10月も半ばになり、市内の学校が新学期をむかえ、寮内はけっこう騒がしい。
HafenCityプロジェクトも大詰め。
c0065419_20213265.jpg
(from HafenCity website)
開発の中心部にあるCruise Centerでプレゼンテーションが行われた。

...と、ここでお知らせ。

画像容量がいっぱいになったので、新しいブログに引っ越します↓
http://zbi2.exblog.jp/
そんじゃ、よろしく〜
[PR]
# by zbi0zbi | 2006-10-13 20:26

足踏み

c0065419_44096.jpg
寮から歩くと、湖の見える大きな公園に辿り着く。

敷地撮影をしていると、後ろ向きのまま手を振るランナーに出会ったりする。
わたしがちゃんと写真に収めたのか気になったらしく、今度は前を向いたまま手を振って。
わかったわかった、私は「Danke〜」と声を張り上げた。

バスの中でも、楽しそうにママとお話している女の子に微笑まれたりする。
いつもの風景も空気も相変わらず優しい。


神話的な考えでは、人が運命を変えるのではなく運命が人を選ぶのだという。

わたしには行きたい場所がある。
大切なものはたった一つだったのに、最近もう一つ増えてしまって途方に暮れている。
行くべき場所はそろそろ決まりそう。
でも今、足踏みをしている。

「人生では、遅くもなく早くもなく、出会うべき人に出会える」という話を聞いた。
あのとき手を振ったのは、私のほう。

信号待ちで、差し出された手を握れば良かったのか?
それか、今が信号待ちなのか?

本当に、足踏み状態。
[PR]
# by zbi0zbi | 2006-10-12 05:20

...TO MY DOG

ユイさんの今回のお仕事、「I ONLY SPEAK GERMAN TO MY DOG」。
Hamburgの”Berlin”であるSternschanseに新しくできたHaus 73のオープニング・イベント。
どうやら今回はAffe(サル)になるとのこと(詳細はこちら)。

珍事は特に何も起きずに無事到着し、コロナ・ビールをバーで注文。
なぜかコーラにビールを加えたグラスが出てきた。
コロナって、ヨーロッパでもメジャーでしょ??
Londonではどこのスーパーにもあったのに...これが珍事の後遺症?

ふつうに美味しかったので、それを飲みながら開演するのを待った。

会場にはステージが一つ。
奥には誰かの家のリビングに似せ、ソファーやランプが置かれ、誰かがそこにいる。

ステージに女性シンガーの登場、とにかく歌う。
c0065419_1303120.jpg
彼女のペットなのか、2匹のサルが隣で楽しげに踊りまくっている。
c0065419_1322070.jpg

ときどき暴れたり?もして。
c0065419_131479.jpg


そして突然、女性シンガーが会場から姿を消し、2匹のサルは大慌てで会場を走り出て行く。
数分、呆気にとられる観客。

するとグラサンの男登場、身なりは欧州で「趣味は狩りだ」と言いそうな感じ。
自分のトランクに入った大量のCDウォークマンを広げ、観客に取れと促した。
これから彼らを追跡するらしく、これは音響ツールらしい。
「1、2、3の3でスイッチを一斉に入れてください!」との説明、ポチッと押すと同時に、グラサンの男が先頭となって動き出した。

More
[PR]
# by zbi0zbi | 2006-10-09 02:07